ヘッダー画像

運動によって培われた自信はその後の子どもの姿に大きく影響してきます。 脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

今も昔も、子ども達のほとんどが取り組むことになる鉄棒遊びが

「逆上がり」です。

子どもにとって逆上がりができるということは、ステータスになります。

そして、それによって培われた「自分はこれができるんだ」という自信が、

今後の子どもの姿に大きく影響してくると思います。

 

こどもプラスが提供している柳澤運動プログラムは、

子どもの今の発達段階や運動能力に合わせたものを提供する

ことができ、それに沿って遊びながら体を動かしているうちに

自然と必要な力を育てていくことができます。

 

また、1つ1つの遊びの中で小さなステップアップを

たくさん積めるようになっているので、

より多くの成功体験や達成感を感じながら技術習得を

目指すことができます。

 

今日は、その運動プログラムの中から「連続逆上がり」を

ご紹介していきます。

連続逆上がりは、まだ逆上がりを習得していない子や、

前回りが怖くてできない子でも、補助者が上手に補助をすれば

簡単にできてしまいます。

 

逆上がりのイメージをつかんだり、成功体験をすることで

やる気や意欲の向上にもつなげることができます。

 

やり方は、まず鉄棒で「すずめさん」になります。

すずめさんは、鉄棒につかまって跳び乗ったら肘と足をまっすぐ

伸ばして、顎を上げて顔を前に向ける姿勢です。

 

このすずめさんの姿勢ができたら、そのまま足を前後に振ります。

振っている足が前に来た時に、補助者は膝の裏に片手を入れて、

もう片方の手で背中を押さえるようにして体を折った状態で、

足を持ち上げて上に回してあげます。

このような補助をすると、簡単に連続の逆上がりができます。

 

子どもが逆上がりをしようとする時、体が前方向に流れてしまって

できないことが多いので、前ではなく上に上がれるように

補助をしてあげます。

そして同時に、鉄棒から体が離れないように

子どもの体を鉄棒にくっつけるようにして回すこともポイントです。

 

子ども達が運動を習得していく時には、

いろいろな段階を行ったりきたりしながら習得していくので、

子ども達に今必要なものを見極めながら提供することが大切です。