ヘッダー画像

脳機能は使わなければ衰えてしまうので運動あそびで脳を鍛えましょう。 脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

現代の便利な生活環境では、さほど頭を使わなくても

ある程度の生活ができてしまいます。

しかし、子どものうちから頭を使わない生活をしていては

脳機能は衰えるばかりです。

 

脳も筋肉のように使えば使うほど鍛えられ、

使わなければ衰えていくものなので

毎日の生活の中でしっかり脳を働かせていきましょう。

 

脳を鍛えるためには、やはり運動が効果的です。

子ども達には、楽しいと感じることができる運動あそびが

最適だといえます。

 

私達こどもプラスが提供している運動あそび、

柳澤運動プログラムの「ジグザグカエルジャンプ」をご紹介します。

 

カエルジャンプは、主に保育園の年少で行なう動きで、

最終的に跳び箱につながる動きになります。

 

まず、足を横に開いて腰をしっかり落としてしゃがみ、

両手をパーにして足の間に揃えてつきます。

そしたら、手足同時に跳び上がり、カエルのように

ぴょこぴょこジャンプをしていきます。

 

ポイントは手をしっかりパーに開いてつくことと、

足を股関節から大きく開いて、腰を落としてしゃがむことです。

 

慣れてきたら、このカエルジャンプでジグザグに進んでみましょう。

ジグザグのコースは、直径30cmほどの小さいフープで

作るのが良いですが、踏んでも痛くないようにホースを使って

作るのがおすすめです。

 

ジャンプをしながら動きをジグザグに切り替えることで、

足の指先の踏ん張り力や体幹の筋力が育ち、コースがあることで

先を読む力や空間認知力なども養われます。

 

幼児期は体を器用に動かす巧緻性を育てることが良い時期なので、

多種多様な動きを経験できるように、

いろいろな運動あそびを提供していきましょう。

 

 

年齢や発達段階に応じた運動あそびの指導案は、

下記からメルマガ登録していただくとお届けすることができます。