ヘッダー画像

幼児期に運動神経を発達させておくことが後々の学力向上につながります。 脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

幼児期から小学生にかけての時期は、運動神経が急成長する時期です。

この時期に十分に体を動かして運動神経を発達させ、

土台作りをしておくことが、その後の学習においても

良い影響を与えるということがわかっています。

 

だからといって、特別な運動や厳しいトレーニングが

必要なのではありません。

外で友達と鬼ごっこやかくれんぼなどをして、

体を動かして遊ぶことで十分です。

 

ただ、現代では子ども達が自由に遊びまわれる環境が少なく

なっているので、大人がその場所や機会を提供してあげることも

必要になっています。

 

 

私達こどもプラスでは、子ども達の体と心と脳の発達を促す

「柳澤運動プログラム」を提供しています。

その運動プログラムの中から「くっつき鬼」をご紹介します。

 

初めは指導者が鬼になり、逃げる役の子を1人だけ決めておきます。

他の子ども達は3~4人ずつのグループに分かれ、

グループごとに横一列にくっついて座ります。

座っているグループがホールの中に点在している状態で、

立っているのは鬼と逃げる子の2人だけです。

 

そして、スタートの合図で逃げる役の子は走り始め、

座っているグループのどれかを選び、そのグループの

一番端にくっついて座ります。

座ったら鬼は捕まえられません。

 

そしたら、くっつかれた反対側にいた子が押し出されて

次は逃げる役になります。

これを繰り返して遊びます。

 

この鬼ごっこでは、走っているのが常に鬼と逃げる子の

2人だけなので、鬼ごっこで多い衝突事故がおきにくくなります。

また、いつ自分が逃げる役になるかわからないので

常に動きを見ていなければいけません。

それによって集中力や注意力が向上するので、

普段ボーっとしがちな子に特におすすめの遊びです。

 

子どもの人数によってルールをアレンジしたり、

その日の子ども達の様子(落ち着きが無い、元気が無いなど)に

合わせて遊びを工夫することもポイントになります。

 

ぜひ、子ども達と一緒に自分達だけの遊びを

作り上げていってください。