ヘッダー画像

運動能力が低下した子ども達の体の問題は大人になるとさらに大きくなる可能性があります。 脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

今の子ども達は体のかたい子が多く、前屈ができない、

かかとをつけたまましゃがめないといった姿が

とても多く見られます。

また、転んで手をついた拍子に手首を骨折してしまうような

驚くような怪我も少なくありません。

 

日常生活の中での動きのバリエーションが減り、

多種多様な経験ができていないことが原因としてありますが、

子どもの時にこれなら大人になった時には

もっと大きな問題が出てくる可能性が十分にあります。

 

子ども達の将来のためにも、小さいうちから体を動かす

習慣を身に付けておくことはとても重要なことです。

 

こどもプラスが提供している柳澤運動プログラムから

「跳び箱跳び移りジャンプ」をご紹介します。

1段と2段の跳び箱を複数用意し、低い→高い、高い→低いと

なるように少し間隔を空けて並べます。

跳び箱が複数ない場合は、丸めたマットでも代用できます。

 

子どもは、跳び箱の上をジャンプしながら渡っていきます。

急ぐと危ないので、ゆっくり確実に渡っていくことを

最初にしっかりと伝えておきましょう。

ジャンプと着地を丁寧に行なうことが大切です。

 

最後まで渡ったら、両足を揃えて跳び下り、

好きなポーズを決めるとさらに良いです。

 

高さに対して怖さがある子は、足元ばかりを見ていて

腰が引けて背中が丸くなってしまいがちです。

下ばかりを見ていると、体のバランスが崩れやすくなって

さらに不安定になってしまうので、

足元ばかりに目線がいかないように

足元と前の両方を交互に見ながらできるように声掛けしましょう。

 

補助は、隣に立って手をつないであげますが、

子どものジャンプを補助する程度にし、

子どもができる限り自分の力でできるような補助を

大切にして行なってください。

 

そして、活動全体のメリハリを大切にしながら

楽しく効果的な運動あそびを作り上げていってください。