ヘッダー画像

運動することで脳の神経細胞を増やすことができ、脳機能を高めることができます。 脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

かつては、脳の神経細胞は生まれた時から決まっていて

増えることはないと言われていましたが、

今では大人になっても増やせるということがわかっています。

 

効果的なのはやはり「運動」です。

体を動かすことで神経細胞が増大し、学力や認知機能を

高めることができます。

 

子どものうちに体を動かすことを好きになっておくことが

その後の人生においても重要になってくるので、

楽しく遊びながらできる運動あそびを小さい頃から

継続して行なっていきましょう。

 

私達こどもプラスが提供している柳澤運動プログラムの

「ターザン」遊びをご紹介します。

 

鉄棒の真ん中辺りに折りたたんだ縄をくくりつけ、
ぶら下がった縄が下につかない程度の長さに調節します。
縄はただくくりつけるだけでは取れてしまって危ないので、
折った縄の輪の中に反対側を通して取れないようにします。

 

そして、ぶら下がった縄の輪の部分に足をかけて
両手で縄を握り、ターザンのように前後に揺れて遊びます。

 

鉄棒の高さが苦手な子でも取り組める遊びなので、

鉄棒に親しみ、腕や体幹の力を育てる遊びとして

取り入れてみてください。

 

鉄棒は苦手意識を持ちやすい運動ですが、

段階を追ってスモールステップで進めていくことで

恐怖心を持たずにスムーズに技術を習得していくことができます。

 

そうすると、子どもも失敗経験が少ない状態で上達できるので

自信を持ってどんどんチャレンジしていくことができます。

 

年齢や発達段階に応じた遊びは、メルマガ登録していただくと

お届けすることができますので、ぜひご活用ください。