ヘッダー画像

子どもの発達段階に応じた活動が効果的に運動神経を伸ばします。 脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

子ども達の発達には段階があり、その段階に合わせて

力の発達を促すことでより効果的に能力アップを目指すことができます。

 

中でも運動神経を伸ばすのは、9~12歳頃の「ゴールデンエイジ」

と呼ばれる時期が効果的ですが、この時期にいきなり運動を

始めるということではありません。

 

その前の幼児期は一生のうちで最も神経系の発達が活発な時期なので、

多種多様な動作を経験し、基本的な能力を身に付けておくことが

その後の発達においてとても重要です。

 

私達こどもプラスが提供している柳澤運動プログラムは、

0歳児や1歳児から取り組める運動あそびで、

年齢や発達段階に応じた豊富な遊びが揃っています。

 

その運動プログラムの中の、基本的な動きの1つとして

「クマさん歩き」があります。

手をパーにして床につき、四つんばいから膝とお尻を上げた

姿勢で、前を向いて歩く動きです。

 

ポイントは、手をしっかり開いたパーでつくこと、

お尻を高く上げること、前を向いて歩くことです。

 

子ども達は慣れてくると、一番になりたくてスピードを

競い出すので、危険な場面も出てきます。

そこで、スピードを抑制しさらにステップアップするために

フープやカップなどを組み合わせて遊びます。

 

まずは直径30cmほどの小さいフープを

クマさんのお尻に乗せて歩いてもらいます。

ただ歩くよりもバランス力が鍛えられ、

見えないところにあるフープを意識することで

身体周辺感覚なども養われます。

 

誰が一番長く落とさずに運べるか競争したり、

チームに分けてリレー形式にするなど、

いろいろなアレンジができます。

 

カップを使う場合は、複数の色を用意してランダムに並べ、

「緑、赤、黄色」と言われたら、この順番にカップをタッチしながら

進み、帰りも同じようにタッチして帰ってくるようにします。

 

こうするとクマ歩きによる腕の支持力強化だけでなく、

色の認識力や記憶力、順番といった認知的な部分も

しっかりと養っていくことができます。

 

このように、基本の動きにいろいろなアレンジを加えることで

育つ力も楽しさも倍増します。

幼児期には、まずは運動の楽しさを感じてもらうことが大切なので、

楽しいアレンジで子ども達の将来につながる力を育てていきましょう。