ヘッダー画像

子どもの運動能力を高めるのは体育指導よりも遊びの要素を含んだ運動あそびです。 脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

子どもを持つ親としては、運動ができる子になって欲しいと

思う方も多いですが、昔と比べて子ども達が体を動かして

遊ぶ機会はとても減っています。

 

そのため、保育園や幼稚園で体育指導の時間を

取り入れるところが増えていたり、

スポーツクラブに通わせるというご家庭もありますが、

幼児期の子ども達の運動能力を上げるためには、

こうした体育指導はあまり向いていないことが多いのです。

 

幼児期に大切なのは、遊びを通した多種多様な運動の経験です。

遊びに取り入れることで、スムーズに効果的に

身に付けていくことができます。

 

私達こどもプラスが提供している柳澤運動プログラムから

「コウモリでなぞなぞゲーム」をご紹介します。

まずは鉄棒に両手でつかまり、膝をかけて

逆さまにぶら下がる「コウモリ」に変身します。
その逆さまにぶら下がった姿勢のままで

指導者が出す問題に答えます。

 

逆さまにぶら下がった状態では、普段よりも集中力や

判断力が低下した状態です。
この状態で問題を正しく聞きとって理解し、

その答えを導きだし、答えるという作業は
意外と難しく、子ども達には難易度の高い遊びになります。

 

そこで、この遊びでは判断力や聞く力、考える力などが

強く養われます。

 

1人1人が無理なくできるように、

絵カードや写真を使った簡単な問題から始め、

〇×ゲームやシルエットクイズ、
動物の鳴き声を聞いて動物を当てるなど

いろいろな遊び方を、少しずつ難易度を上げながら

挑戦していきましょう。

 

考えることに集中しすぎると突然落下してしまうことがあります。

鉄棒遊びでは、必ず子どもの手首を握ったり

下で体を支えるなどの補助、落ちた時に備えて

安全な環境設定で遊ぶようにしましょう。

 

 

年齢に合わせた、子どもの興味をひく楽しい運動あそびや、

補助の方法、効果的な声掛けなど具体的な内容は

下記からメルマガ登録して頂くとお届けすることができます。