ヘッダー画像

子どもの頃から筋力や柔軟性を身に付けておくことが将来の力になります。 脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

私達が高齢になっても、しっかりと歩いたり走ったりするためには

子どもの頃から体を動かし、筋力や体力、体の柔軟性などを

維持しておくことが必要です。

 

しかし、現代の子ども達の中には

「前屈ができない」

「かかとをつけたまましゃがめない」

「姿勢良い立ち姿勢や座り姿勢を維持できない」

「椅子や壁にもたれかからないと座っていられない」

「少し歩いただけで疲れてしまう」

といったような子ども達がとても多くいます。

 

主に日常的に体を動かさない子に多いですが、

スポーツクラブなどで体を動かしている子どもでも

こうした姿が見られます。

 

やはり、幼児期に必要なのは特定のスポーツの技術を磨くよりも

多種多様な動きで全身をバランスよく動かすことなのです。

 

私達こどもプラスでは柳澤運動プログラムによる

運動あそびで、幼児期の子ども達が楽しく体を動かし

運動を好きになれるように工夫した遊びを提供しています。

 

その運動あそびの中から「忍者カンガルーの縄越え」をご紹介します。

高さのある縄を、両足ジャンプで跳び越して遊びます。

縄の高さは、子どもの膝の高さ程度に設定します。

 

まず縄の前に立ったら、両膝をくっつけたままジャンプして

縄を跳び越しますが、「忍者」なので足音を立てないように

静かにジャンプ、着地をします。

膝のクッションを上手に使って衝撃を吸収して

着地ができるようにしましょう。

 

縄に引っ掛からないことを強く意識付けるために、

縄の代わりにゴム紐に鈴をつけた物にして、

「鈴の音が鳴ると敵に見つかっちゃうから、

引っ掛からないように気をつけてね!」

と声掛けしておくだけでもかなり効果的です。

 

ジャンプ遊びでは、足の指先の踏ん張り力や脚力、

腹筋背筋もしっかり刺激できるので、

良い姿勢を維持するための力をしっかりと

身に付けることができます。

 

毎日の活動の中にぜひ「ジャンプ遊び」をいろいろな形で

取り入れてみてください。

1日に少しずつでも、毎日継続することが確実に

子ども達の力になります。