ヘッダー画像

子ども達の生きる力を育むのは外遊びでの豊富な体験や経験です。 脳科学で子どもの学力・体・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

最近の子ども達の1日の過ごし方は、

一昔前と比べて大きく変わっています。

 

「人と関わらない」「話をしない」「体を動かさない」

こうした生活は、子ども達が社会の中で生きていくのに

必要な力の発達を阻んでしまっています。

 

しかし、テレビやゲームなど屋内でも十分楽しめる遊びが

溢れているのですから、無理はありません。

そんな中で、子どもだけ外に出て体を動かせといっても

できないのは当然です。

 

ぜひ、大人も外で一緒になって体を動かして遊んでほしいと思います。

 

 

こどもプラスが提供している柳澤運動プログラムから

「おつかいリレー」をご紹介します。

 

スタートから少し離れた台の上に、いろいろな絵の絵カードを置きます。

子ども達は4~6人のチームに分かれ、チームごとに

指定された物の絵カードをリレー形式で拾ってきます。

 

例えば「皮をむいてもむいてもどんどんむけて、

包丁で切ると涙が出てくるもの」や「手紙を入れる赤いもの」などの

お題を出したら、答えをチーム全員で相談して考えます。

 

答えがわかったら一番最初の人が取りに行き、

次の人と交代します。

チーム全員ができるだけ速くゴールできるようにがんばります。

 

絵カードを取りにいくときは、クマ歩きやカンガルージャンプで

行なうとさらに効果的な遊びになります。

 

子ども達のやる気を促すために、1回目が終わったら

作戦タイムを設けるのもおすすめです。

 

その時指導者はできるだけ見守り、子ども達が自分の力で

話し合い、社会性、コミュニケーション能力、集団性を

 

身に付けていけるようにしていきましょう。