ヘッダー画像

子ども達の未来のために、運動保育の輪を広げていきましょう。 脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

子どもたちの未来のために

私たち運動保育士が、日々子どもたちと行わさせてもらっている

柳沢運動プログラムは、長野県松本市にある松本短期大学の

栁澤秋孝名誉教授が考案した運動遊びプログラムです。

栁澤秋孝名誉教授の想いでもある
「すべての子ども達に身体を使って遊ぶことを好きになってもらいたい」
という基本理念の元、運動遊びを行なっています。

 

現代のお子さんは、環境の変化により身体を使って遊ぶ時間・

仲間・空間の三間(サンマ)が極端に減ってきています。

そのことにより、子ども達に様々な変化がありました。
子ども達の変化は皆さんも感じている通りだと思います。

 

・怪我をしやすくなった
・感情のコントロールが苦手になった
・しゃがめない
・指示待ち
・姿勢の悪さ
・学習面でのつまずき
・コミュニケーションがうまくとれない
・落ち着きがない
・転びやすい
・自己肯定感の低さ
・工夫するということが苦手


挙げ始めたらまだまだありますが・・・ 

身体を使った多種多様な遊びの経験体験をすることで

身体機能の向上・脳機能の活性化・情緒の安定がされるのは

様々な研究やメディア・著書で言われております。

そしてその効果をあげるには、現場で日々少しずつでも

継続して身体を使った遊びを取り入れていただくことが

重要な点だと考えています!!

 

子ども達が普段接している大好きな先生が、運動遊びに関する

遊びの知識や、脳にとって重要な幼児期の脳機能の発育発達について

知っていただけたらと思います!

私自身、運動保育士の資格を取ることで、運動遊びの大切さ、

脳科学に基づいた声掛け、日々の生活習慣の大切さ・

遊びの組み方・楽しいアレンジの仕方を知ることが出来ました。

 

私たちが出来るのは、私たちが持っている体系化された遊びの

内容や意図、子どもの成長発達に関わること(食・睡眠・記憶)

・脳機能・遊びの展開の方法の知識を皆様にお伝えすることです。

一人でも多くの方に柳沢運動プログラムについて知っていただき、

運動保育の輪を広げていきたいと思っております。

https://www.kodomo-plus.jp/%E8%B3%87%E6%A0%BC%E3%81%AE%E5%…/

自動代替テキストはありません。