ヘッダー画像

人間関係の構築や集団生活への適応など子ども達の生きる力を育てる運動あそびです。 脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

今の子ども達が抱えている問題として、人間関係がうまく作れない、

集団生活になじめない、といったようなことがあります。

幼い頃から多くの人と関わる機会が少ないので、

ある程度の年齢になっても人とコミュニケーションをとったり

感情をコントロールしたり、人に合わせるようなことが

なかなかうまくできません。

 

このような社会性の部分は、成長と共に自然に身についてくる

種類の力ではありません。

小さい頃からの多くの経験の積み重ねで育ってくるので、

ぜひ日ごろから、できるだけ多くの経験や体験をすることが

できるように、近隣の方との関わりや縦割りでの活動など

いろいろな方法で子ども達の生きる力を育てていきたいものです。

 

 

こどもプラスが提供している柳澤運動プログラムは、

運動能力や体力の発達だけでなく、子ども達の社会性の

発達にも力を入れています。

友達に合わせたり、協力したり思いやったりしながら

心と体と脳を育てていきます。

 

その柳澤運動プログラムから「大縄の走り抜け」をご紹介します。

指導者が一定のリズムで大縄を回し、
子どもは1人ずつ、その中を一気に走り抜けます。

 

縄に当たらないように走り抜けるのがポイントです。

縄が怖くて途中で速度が遅くなったり止まってしまうと
縄に当たってしまうので、最初に見本を見せながら

しっかりと伝えておきましょう。
中にはどうしても途中でスピードが遅くなってしまう子がいるので、
縄を回すスピードを調節して当たらないようにしながら、
まずは途中で止まってしまわないことを覚えます。

 

また、縄のリズムと走り出すタイミングを合わせることも

縄に当たらずに走り抜けるポイントなので、
リズムがつかめるように「はい!」「今だよ!」など声掛けをしたり、
上手な子とペアを組んで、手をつないで引っ張っていって

もらったりします。

そうすると成功体験を積むことにつながるので、

少しずつ自信がつき、自分でもタイミングを計れるようになります。

 

 

さらに、相手と一緒に動くことで社会性の発達にもつながるので、

2人、3人と人数を増やして一緒に走り抜けられるように

挑戦していきましょう。

教える、教えられるという体験も社会性やコミュニケーション能力の

発達にとても良い経験になりますよ。