ヘッダー画像

子ども達の発達に合わせた「鬼ごっこ」で効果的に能力アップを目指しましょう。 脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

昔から遊ばれてきた「鬼ごっこ」は、

最近は「ぶつかって危ない」といった理由から

敬遠されがちな遊びですが、

子ども達の社会性を高め、

頭の回転を良くしたり集中力をコントロールする力を

養うのにとてもおすすめの遊びです。

 

鬼ごっこは、鬼に捕まらないように走って逃げながら、

鬼の位置を常に確認し、他の友達とぶつかったりしないように

進行方向の確認をしながら動くので、

とても複雑な思考が必要になるのです。

また、それに伴って瞬間的な判断力、先を読む力、

素早く動きを切り替える瞬発力などもしっかり養われます。

 

普通に走って行なう鬼ごっこでは

友達同士での衝突事故が起きやすいので、

スキップ、ケンケン、クマ歩きなど、

スピードの出にくい動きでの鬼ごっこがおすすめです。

 

ただ、基礎力が不十分な状態でいきなりこうした集団遊びを

取り入れてもうまくできなくて楽しめないので、

まずは楽しい運動あそびで全身を動かし、

基礎的な力を身に付けてから取り入れていきましょう。

 

 

こどもプラスが提供する柳澤運動プログラムには、

幼児期の子ども達の発達にとても効果的な運動あそびが

たくさん揃っています。

子ども達の興味を引き付け、「やってみたい」と

思わせながらできるように工夫がされた運動プログラムです。

 

下記からメルマガ登録して頂くと、

子どもの年齢や発達段階に応じた運動あそびの指導案を

お届けする事ができます。