ヘッダー画像

子どもが運動好きになるには体を動かすことの楽しさを感じてもらうことがポイントです。 脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

まだ年齢の低い子や普段あまり運動をしていない子、

運動に苦手意識のある子に運動あそびを提供する時は、

いきなり難しい運動をやらせてはいけません。

まずは体を動かすことは楽しいと感じてもらうことが大切なので

動物のまねごっこなどをして遊びます。

 

その時も「森の中に住んでいて、体は黒や茶色で

4本足でのっしのっし歩く動物はなんだ?」など

クイズ形式にしたり、シルエットカードなどを使って

当ててもらいながら導入していくのもおすすめです。

子どもの興味を引き付け、「やってみたい」と思わせることが

できるように、工夫していきましょう。

 

こどもプラスが提供している柳澤運動プログラムから

「スキップで記憶遊び」をご紹介します。

まず、広い場所に跳び箱・鉄棒・コーン・平均台・フープなどを

使ってコースを作っておきます。

屋外なら備え付けの遊具を使っても良いです。

このコースを、端から順番に回っていくのではなく、

指導者が指示した遊具だけを指示された順番に回ります。

 

例えば「フープをジグザグにカンガルージャンプで進んで、

鉄棒で豚の丸焼きをしたら、跳び箱の上の赤い積み木に

タッチして戻ってきましょう。」などの指示を出します。

言葉での説明プラス実際に見本を見せ、

難易度も子どもによって調整し、簡単すぎたり難しすぎたり

しないように配慮します。

 

指示を覚えて、指示通りに動かなければいけないので、

聞く力やそれに必要な集中力、社会性、記憶力、記憶の操作力、

イメージ力や空間認知能力など多くの力を刺激することができます。

 

設定の仕方によっていくらでもアレンジができるので、

子ども達の意見も取り入れながら、

遊びを作り上げてみてください。

子ども達は、自分が決めたルールはしっかり守ろうとするので

おすすめですよ。