ヘッダー画像

子ども達に身に付けて欲しい力は遊びの要素で効果が上がります。 脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

子どもに何か身に付けて欲しいことがある時

多くはその練習をできるまで繰り返したりしますが、

子どもがそれを楽しめていなければ

その効果は薄くなり、ただの苦痛なだけの時間になってしまいます。

 

そんな時は、子どもが積極的に取り組めるように

活動にゲーム性を持たせたり遊びの要素を入れることがポイントです。

そうすることで子どもは言われなくても進んでやるようになり、

自分で目標を立ててがんばることが自然にできるので

どんどん力は身に付いていきます。

 

運動あそびでも子ども達の自主性ややる気を大事にしながら

効果的に力の発達を促せるように工夫することを大切にしています。

 

 

今日はこどもプラスで提供している柳澤運動プログラムから

「めだか走り合図で集合」をご紹介します。

まずは「めだか走り」を行います。

両手をまっすぐ前に伸ばし、手の平を体の前でくっつけて、

固定したまま走ります。
普段走る時と違い、手を振らずに固定した状態で走ることで、
体のバランスが取りにくくなります。

フラフラしやすいので、まっすぐ進めるように意識して走ります。
こうすることで、普段から体の軸が安定し、

まっすぐ速く走れるようになります。

 

このめだか走りで、合図があったら指定された集合場所まで移動します。

集合場所は、事前にテープなどを使って作っておきます。

合図を聞いて素早く動くことがポイントの遊びです。
合図を聞く時には、動きたい気持ちを抑える抑制力や

合図の声に集中する力が必要になり、
相手に興味を向ける社会性も養われます。
また、合図を聞いて動くための判断力や俊敏性なども身に付くので、
日常生活でもメリハリをつけることができてきます。

 

慣れてきたら、くっつけた手をそのまま頭の上に上げて走ったり、

途中で何かを拾ってから集合するようにしたり、

コースを進むようにしたりしながら遊んでいきます。

 

どんどんアレンジを加えて遊びを発展させていくことで

子ども達が飽きないように工夫しながら

様々な力を育てていきましょう。

 

 

子ども達の能力アップを促す豊富な運動あそびの指導案は

下記からメルマガ登録していただくとお届けすることができます。