ヘッダー画像

前庭覚を刺激する遊びには様々な良い効果があります。 脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

小諸市にある児童発達支援施設にて

 

以前から前庭刺激をしっかり入れられるブランコの様な
遊び道具が欲しいなと思っていたので、今回作ってしまいました。

以前は鉄棒にタオルケットに結んで行なったのですが

今回はスケールアップです。

梁に縄をかけ、タオルケットを結んだだけのブランコですが、
強度もバッチリ!
70㎏オーバーの私が乗っても全然平気でした^^

子ども達も、楽しんでくれとても良かったです。

 

4月当初は、重力不安や背中のボディーイメージが弱く

揺れたりするような遊びが苦手だった子が、日々の運動遊び・

親子遊びの継続で満面の笑みで手作りブランコに乗っていました。

それを見たお母さんが一番嬉しそうでした!

改めて、日々の継続の重要性を知ることができました。
「継続は力なり!」

 

ちなみにとある研究では、保育器に入った未熟児を

1日3回30分間ウォーターベットに乗せて揺らしたところ、

他の未熟児に比べ頭部の動き・筋緊張・体重の増加・

吸綴の改善・規則正しい呼吸・運動の協調性の改善が

見られたと発見されています。

揺れる等の前庭刺激は、体重の増加や呼吸に関係ないように

思えますが、脳の奥深くで神経系の「活性化」に

つながっていると考えられています。

 

是非、お子さんをだっこ・おんぶできる時期にたくさん触れ、

適度に揺らして遊んであげてください!

 

自動代替テキストはありません。