ヘッダー画像

夏休みは外遊びで五感を刺激し、多くの経験で子どもの生きる力を育てましょう。 脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

夏休みシーズン、子ども達がたくさん外遊びをするのに

良い機会でもあります。

外遊びには、五感を刺激し、子どもの生きる力を育てる要素が詰まっています。

特別な遊具がなくても、公園や野原に行けば

見慣れない花や昆虫を見つけたり、川で魚を見つけたりすることで、

自然と感じる力や、観察したり考える力が育ちます。

 

暑い日が続きますが、体調管理に気をつけながら、

子ども達をどんどん外で遊ばせて、たくさんの経験や体験が

できるようにしていきましょう。

 

こどもプラスが提供している柳澤運動プログラムから

「スキップリレー」をご紹介します。

子ども達をいくつかのチームに分けて、スキップでリレーを行います。

 

大事なポイントは、必ずスキップで進むこと、

自分のチームの友達を覚えておき、目で追いながら

自分の順番がきたらスムーズにバトンがもらえるようにすることです。

 

速く進みたいので、途中からスキップではなく

走ってしまう子が出てきますが、必ずスキップで進むように

ルールを徹底することが大切です。

ルールに則って遊ぶことで子どもの社会性や自制心が養われます。

 

勝つことだけでなく、時には負ける経験も大事なことなので

何度か行なう中で、スキップで速く進むやり方や、

リレーの順番などを話し合う時間も設けながら

 

子ども達が遊びを作り上げていけるように促しましょう。