ヘッダー画像

最近は子どもの夏バテも多くなっています。汗をかく習慣をつけましょう。 脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

最近では、大人だけでなく子どもの夏バテも増えています。

その1つの原因として、汗を出す汗腺が未発達なことから

汗をかいて体の熱を放出することが苦手になっていることが

挙げられます。

 

なぜ汗腺の発達が不十分かというと、エアコンの普及や

外遊びの減少などによって、小さい頃から汗をかくことが少なく、

汗腺の発達が十分に行なわれてこなかったためです。

 

 

熱中症に気をつけながら、適度に体を動かして遊びましょう。

 

こどもプラスが提供している柳澤運動プログラムから

「ウシガエルの跳び乗り&タンバリンタッチで着地」をご紹介します。

スタートラインから少し離れたところに1段の跳び箱を置き、

そこまでウシガエルの動きで進みます。

ウシガエルは、足を開いてしゃがんで両手を中についたら

手→足→手→足の順番に出して進む動きです。

 

このウシガエルで跳び箱まで進んだら、両手を跳び箱の中央につき、

ジャンプして足を手の外側に開いてつきます。
そしたら跳び箱の上で立ち上がって、腕を大きく振ってジャンプし

跳び箱の前で指導者が持っているタンバリンを

タッチしてから着地します。

 

タンバリンを叩くことばかりに意識がいくと、

着地でバランスを崩しやすくなります。

しっかり着地まで意識し、両足で着地できるようにしましょう。

もし転びそうになったら、しっかり手をついて
体を支えることを教え、練習しておきましょう。

 

この経験があれば、日常生活の中で転んだ時にも

しっかりと体を支えて怪我を防ぐことができます。

日常で必要になる力を、日ごろの運動あそびで

しっかりと身に付けていけるようにしましょう。