ヘッダー画像

学校で必要な目とは?脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

学校で必要な目って???

 

今回のテーマは視覚機能です。


それも学校で必要な目の機能とは何かをご紹介いたします。

 

我々の目は小さな6つの筋肉(上斜筋・上直筋・内直筋・外直筋・下直筋・下斜筋)でコントロールされています。


片目だけでは物を立体的に捉えられない為、左右12個の筋肉が連携し合うことで、なめらかで複雑な目の動きが可能となります。

 

そして、目には様々な機能が備わっており、それらを上手く組み合わせて使うことで学習や運動を効率よく行うことが出来ます^^

 

●固視
自分が見たいものに目を向け、その対象を見続ける。
事例:見本を見る、相手の顔を見る。

 

●追視
動く物・並んでいる物に視線を向け続け、動きに合わせて追い続ける。
事例:ボール遊び全般、教科書の字を読む。

 

●輻輳(ふくそう)
目の前の対象に両目のピントを合わせるため、目が鼻側へ集まる。
事例:黒板から自分のノートに視線を移す。

 

●サッケード性運動
現在見ていない別の対象物に瞬間的に視線を向ける。
事例:お手本と自分が書いている文字を見比べる、本を読む時に行の最後から次の行へ視線を移す。

 

●中心視
意識してものを見る時に使います。
一点を凝視することで色や形を正確に捉えることが出来る。

 

●周辺視
景色を見たり、など動作時に無意識にぼんやりと見ている時に使います。中心視の周辺部の広い範囲の動きや位置を捉えることが出来ます。
動いている物や光に対して反応が速いのが特徴です。

 

学習に必ず必要になる目の上記の機能や動きは、「ビジョントレーニング」といった訓練でも向上できますが、

現代の子に失われつつある遊び・・・

 

鬼遊び・固定遊具遊び・ふれあい遊びなどを幼児期からたっぷり経験させてあげることで、就学前から向上させることが出来ますよ!!