ヘッダー画像

脳を鍛えるのは難しい勉強より運動と楽しい活動です。 脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

「脳を鍛える」というと、難しい勉強をすることを

イメージする人も多いと思いますが、ストレスを感じながら

無理矢理机に向かって勉強をしても、実はあまり脳は活性化しません。

 

体を動かしている時、楽しいことや好きなことをしている時に、

脳の前頭前野を中心とする場所が活発に働き、

集中力の回路の能力がアップすることがわかっています。

 

私達こどもプラスが提供する柳澤運動プログラムは、

動物の動きに、楽しいストーリー展開や遊びの設定で、

子ども達の興味を引きつけながら行なえる内容になっています。

その中から「イメージカンガルーカップタッチ」をご紹介します。

 

まず、赤・青・黄・緑など複数の色のカップを、

間を空けてランダムに並べておきます。

子どもは、両足を閉じたままジャンプするカンガルーになって

指導者に指示された色のカップをタッチしていきます。

色の指示は、赤なら「トマト」や「消防車」

黄色なら「たんぽぽ」「バナナ」などの言葉で伝え、

一度頭の中で考える要素を入れます。

このワンクッションおいて考える時にも脳は活発に働きます。

 

慣れてきたら、指示された色をタッチするのではなく、

自分でタッチする色を決めて、タッチする時にその色の物を

言うようにしたり、制限時間を決めたり競争にしたりして、

遊びをどんどん発展させていきます。

 

そうすることで、1つの遊びでも何度も繰り返して楽しく

遊ぶことができます。

何度も繰り返すことが能力アップにつながるので、

ぜひいろいろな工夫をして遊べるようにしてみてください。