ヘッダー画像

シーソー遊びは共感性・思いやり・協調性につながっていた?! 脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

シーソーは長野県でも撤去が進んでいる遊具の1つです。

今、公園で見かけるのは太いバネの上に動物の形をした

乗る場所があって、1人で乗って左右前後に揺れる遊具が

主流となってきているように感じます。

 

シーソーを楽しむためには、まずは相手(友達)が必要です。
相手がいることで自然と遊びの中でコミュニケーション・

アイコンタクトを取れ、コミュニケーション能力の向上につながっていきます!

そして相手と交互にタイミングよく跳ぶことを

繰り返すことで遊びが成立します。

 

この時、脳の中では相手の位置に合わせて自分が次、跳ぶのか

着地の用意をするのか予測し判断することや、

着地と同時にテンポよく相手に合わせジャンプ・

上がっている時の姿勢保持のための筋緊張などを決定します。

相手に合わせるということは自分のしたいこと、気持ちに

ブレーキ(抑制)をかけていることになります。

そして相手をよく見て合わせることが、相手を思いやる・

共感することにつながります。

 

これは、
・自分の行動を抑制する前頭前野眼窩皮質
・相手に共感したり、合わせようとするときには前帯状皮質
この2つが発達していくことが考えられます!

そのほかにも前庭覚刺激も入るためバランス力・視覚機能・

自律神経の調整などの向上にもつながります。

 

現在あまり見ることが無くなった固定遊具ですが

是非、宝探しの感覚で、シーソーのある公園を見つけ

お子さんと楽しく遊び、脳の発育発達につなげてもらえればと思っています!

 

 

画像に含まれている可能性があるもの:1人以上、屋外