ヘッダー画像

発達段階に合った運動の提供が効率的な能力アップにつながります。 脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

子どもが成長していく過程では、体全体が均一に発達していくのではなく

その時期ごとに発達しやすい機能があります

幼児期から小学生頃には神経系、高校生頃には筋力系など

その時期に適した運動をすることで、

発達段階に則した効率的な成長を目指すことができます。

 

幼児期にはまだ呼吸器系などが整っていないこと、

集中力が続かなく、いろいろなところに興味が移っていく

などの特徴があるので、同じ運動を繰り返すトレーニング系ではなく

体全体を動かす遊びで、多種多様な動きを経験できるように

していきましょう。

 

こどもプラスでも、幼児期の子ども達の発達を促す

柳澤運動プログラムによる運動あそびを提供しています。

その中から「方向ジャンプ」をご紹介します。

 

まずは、足を閉じて腕振りを合わせたジャンプを

指導者の手拍子に合わせて行なってみます。

その場での両足を揃えた連続ジャンプが

リズムよくできるようになったら、

次は前後左右の指示を出し、子どもは指示された方向にジャンプします。

最初に立った位置を基点としてできるように

目印に縄跳びの縄を置いたり、

テープで四角を作って行なったりしても良いです。 

 

最初は前後だけの指示で「前・後ろ・前・後ろ」から

「前・後ろ・後ろ・前」など次第にランダムにしたり、

速いスピードでもできるように挑戦していきます。

前後に慣れたら、左右の動きもプラスしていきます。

前後左右をランダムに入れて、レベルアップを目指しましょう。

 

 さらに、記憶力を刺激するために、ジャンプの前に

「前・右・後ろ」などの指示を出して

順番を覚えてから行なうのもおすすめです。

 

子ども達に合わせたいろいろなアレンジで、

楽しく遊んでみてください。

 

 

子どもの発達段階に合わせた運動あそびの指導例などを、

下記のメールフォームからメルマガ登録して頂くと

お届けすることができるので、ぜひご活用ください。