ヘッダー画像

運動が苦手な子に無理矢理やらせると運動嫌いを助長してしまいます。 脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

運動に自信がなかったり、苦手だと感じていて

なかなか運動あそびや体育の時間に参加できないという子は

少なくありません。

この子ども達には、無理やり参加させたり、

ただやみくもに「がんばれ!」というような声掛けは

ほとんど効果がなく、かえって運動嫌いを助長してしまうことにも

つながる可能性があります。

 

今できていることを褒めながら、あと少しがんばればできる

目標を設定したり、子どもの興味を惹くような設定、導入など

参加したくない理由に合わせた対応や声掛けが必要になります。

 

運動が得意な子よりも苦手な子にしっかり寄り添いながら、

全員が運動することを楽しめる工夫が大切です

 

今日は、私達こどもプラスが提供している柳澤運動プログラムから

「クマ忍者の修業(平均台)」をご紹介します。

平均台や巧技台を置き、そこに両手をついて、
足だけで左右にジャンプする遊びです。

 

「忍者の修業だよ」と声掛けをして、

できるだけ足音を立てないジャンプを素早く繰り返すように

意識付けて行なうのが効果的です。

 

最初のうちは足を開いて、片足ずつまたぐようにジャンプが

できれば良いです。
慣れてきたら、両足一緒に左右にジャンプをします。

腕にかかる負荷が大きくなるので、顔からつぶれてしまわない

ように、肘を伸ばして顔を上げて、

左右にリズムよく跳べるようにしましょう。

 

この動きでは、手は固定したままで足だけを動かすので、

イメージ力や身体コントロール力、空間認知力などが養われます。
さらに、両足をくっつけて左右にジャンプをすることで
下半身の連動性も高まり、腰からのジャンプを習得することができます。

 

低い高さの平均台で行いますが、まだ支持力や体幹の筋力などが

弱い子、高さが怖い子などは無理にやらせず、
マットでのクマ忍者の修業で力をつけていきましょう。

段階を追って練習していくことで、跳び箱や側転などの

スムーズな習得につなげることができます。

 

子どものうちにたくさんの運動経験が積めるように

大人側からの働きかけを大事にしていきましょう。

 

 

 

段階を追った運動あそびの指導例や具体的な内容は、

下記からメルマガ登録して頂くとお届けできます。