ヘッダー画像

幼児期は基本的生活習慣を身につける時期なので大人の導きが重要です。 脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

子ども達の成長は、個人差はありますが、多くの子ども達に共通する

発達段階の特徴を達成しながら発達していきます。

この段階を間違えてしまうと、その後の発達にも

影響が出てくるので、まずは段階を知ることが大切です。

 

例えば幼児期には、食事や睡眠などの基本的な生活習慣を

身につけておくことが必要です。

早寝・早起き・朝ごはんを身につけていくことができるように、

大人がしっかりと導いていくことが大切です。

 

そのためにも、日中の適度は運動の時間は大切です。

子どもにとっての運動は遊びのことなので、

楽しい運動あそびで多様な体の動かし方を

経験していけるようにしましょう。

 

 

こどもプラスで提供している柳澤運動プログラムから

「ぶら下がりで人形投げゲーム」をご紹介します。

まず、小さいコーンに手人形をかぶせた物を用意し、

鉄棒の前に置きます。

鉄棒の少し後ろにはフープを置いておき、

子どもはその中に立ったら鉄棒を逆手に持ち、

腕を曲げてぶら下がります。

 

そのまま人形を両足で挟んで持ち上げて、

鉄棒の前にいる指導者に、足で投げて渡します。

足の力で投げるだけでも、体を前後に振って

反動をつけてから投げても良いです。

 

自分の足で人形を取って持ち上げることが難しい子には、

指導者が人形を足の近くに持って行って渡し、

受け取る時も近くまで行って受け取ってあげるようにします。

 

そして、人形を足で投げられるようになったら、

どんどん遠くに投げられるようにしたいので、

前方に目標物や目印を置いて投げてみたり、

誰が一番遠くまで投げられるか、友達と競争をしてみましょう。

 

また、人形を投げる位置にカゴを置いておき、

その中に人形を入れてみるという遊び方もあります。

これも慣れてきたら、近くのカゴは何点、遠くのカゴは何点と

点数制にして競争にすると、とても盛り上がって遊べます。

競争遊びにすると、子ども達が本気で限界までがんばることが

できるので、力の発達も促すことができ、

友達との仲間意識も高まってくるのでおすすめです。

 

子ども達の段階や様子に応じて取り入れてみてください。

 

段階や年齢に応じた運動あそびの指導案は、

下記からメルマガ登録して頂くとお届けすることができます。

子ども達の成長・発達を促すためにぜひご活用ください。