ヘッダー画像

子どもの姿に合わせた声掛けや遊びの工夫が効果的に発達を促します。 脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

子ども達に運動あそびを提供する時には、

効果的に行なうために声掛けや遊び方に工夫をすることが

大切になってきます。

例えば、両手をついて四本足で膝が地面につかないように歩く

クマ歩きという腕の支持力を養う遊びがありますが、

この動きでは、ただ歩くだけではなく、腕に力をかけるために

しっかりお尻を上げることが大事なポイントです。

 

子ども達は慣れてくるとだんだんお尻が下がってきてしまうので、

そういう時には遊び方を工夫していきます。

例えば2人1組になって、1人が床に横向きで寝転がり、

体をまっすぐにして転がるさつまいもになり

もう1人がその上から覆いかぶさるようにクマさんで歩く

「キャタピラクマさん」という遊び方がおすすめです。

 

クマ歩きの時にお尻が下がってしまう子に

「お尻を上げて!」と言っても、子どもはその意味や理由が

わからないのでなかなかできません。

そこで、お尻が上げられるように意識できるやり方を

考えることが大切になります。

 

さらに、2人でペアになってやることで、競争にしても

しっかり手をパーにしてつき、お尻を上げた良い形の

クマさんができ、相手がいることで社会性も強く養われます。

 

このように、子ども達の今の姿に合わせて遊びを変化させて

いくことがより効果的な運動の時間になります。

 

他にも年齢や発達段階に合わせた運動あそびや効果的な

指導方法などは、下記のメールフォームからメルマガ登録を

して頂くことでお届けすることができます。