ヘッダー画像

「できる」「できない」がはっきりする運動ではできることが子どもの大きな自信になります。脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

子ども達が保育園や幼稚園、小学校などで取り組む、

跳び箱や鉄棒、縄跳びなどの運動は、「できる」「できない」が

目に見えてわかるものです。

そのため、友達より早くできると羨望の眼差しで見られ、

それは子どもにとって大きなステータスになり、

自分に自信を持つことができます。

反対に、みんなができているのに自分だけができないと

運動すること自体を嫌いになってしまうこともあります。

 

幼児期の運動経験は、運動の上達だけでなく

勉強や人間関係などにも影響を与え、

その後の人生においてもとても重要な要素になるので

幼いうちから発達段階に合った適切な運動あそびを

提供していくことが大切です。

 

私達こどもプラスが提供している柳澤運動プログラムから

「へびとカラス」という運動あそびをご紹介します。

ジャンプ遊びで縄跳びにつながる力をつけていきます。

 

まず、子ども達が縄跳びを習得していくためには、
その場での連続ジャンプができることが必要になります。

年少さん頃まではその場での連続ジャンプは

難しい子が多いですが、繰り返し行なうことで身に付いてきます。

 

指導者は2人で縄の両端をそれぞれ持って子どもの前に立ちます。
子どもに向かって縄を動かしていきますが、

「へびがきたぞー!」と言いながら縄を子どもの足元を

すくうように動かしたら、子どもは縄にひっかからないように

ジャンプして跳び越します。
次は反対側から「カラスがきたぞー!」と言いながら
縄を子ども達の頭の上をスライドさせるので、

子ども達は縄の方を向いて、
縄に当たらないようにその場に素早くしゃがみます。
これを繰り返し、だんだん素早く反応できるように行なっていきます。

 

最初のうちは、「へび」の時に縄が前から来ると縄に向かって

跳び出してしまい、なかなかその場でのジャンプができません。
縄が近くにくるまで我慢して、タイミングを合わせて

跳ぶことができるように繰り返し行いましょう。

 

慣れてきたらへびとカラスの切り替えを速くしたり、

へびとカラスをランダムにしたりしながら、

さらに聞く力や判断力、集中力、瞬発力などを養っていきます。

立ったりしゃがんだりする動きはスクワットの動きと同じなので、

下半身の筋力や体幹の筋力もしっかり身に付いてきます。

 

子ども達がとても楽しめる遊びなので、

人数調整など配慮しながら楽しく工夫して遊んでみてください。

 

年齢に応じた運動あそびの例や指導ポイントなどは

下記のメールフォームからメルマガ登録をしていただくと

お届けすることができますので、ぜひご活用ください。