ヘッダー画像

1つの大きな成功よりも多くの小さな成功体験の積み重ねが大切です。 脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

子ども達の心や体の発達においては、1つの大きな成功体験よりも

たくさんの小さな成功体験の積み重ねが大切です。

1つの大きな成功のために100回の失敗体験があるとしたら、

成功体験のイメージよりも、失敗体験のイメージの方が

大きくなってしまうことがあります。

中には、2~3回の失敗で心が折れてしまい

その後活動に参加できなくなってしまう子もいます。

 

特に運動が苦手で自信がない子は、失敗経験を恐れて

みんなと同じ運動にはなかなか挑戦することができないので、

1つ2つ段階を下げたり、大人が補助をしてあげることで

成功体験を積み重ねられるようにしていきましょう。

 

こどもプラスが提供している柳澤運動プログラムから

「ぶら下がりジャンプ」をご紹介します。

 

鉄棒の前後に直径30センチくらいのフープを

1つずつ置いておきます。

まずは後ろのフープの中に立って、鉄棒を両手で握ります。
そしたら腕を曲げて鉄棒にぶら下がり、
何回か体を前後に大きく振ってから、
タイミング良くジャンプして、前のフープの中に着地します。

 

腕を曲げた状態で長くぶら下がれることが良いので、
体を多く振れるように回数を友達と競ってみても良いです。
腕の懸垂力、腹筋背筋や太ももの筋力をつけて

逆上がりにつなげていきましょう。

 

逆上がり習得に向けては、様々な遊びがあります。

年齢や発達段階に適したものが提供できれば

子ども達は成功体験を積み重ねながら無理なく

習得することができます。

 

詳しくは、下記のメールフォームからメルマガ登録して

頂くと情報をお届けすることができます。