ヘッダー画像

運動をすることが学習効率を上げ、学力アップにつながります。 脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

テレビアニメの一休さんと言えば、とんちをひねり出す時に

指で頭の横に円を描くようにクルクル動かす動作をしていますよね。

ちょうどあの奥辺りに、前頭前野背外側部という

集中力のコントロールなどを司る場所があります。

この部分が活発に働いていると、集中力を維持したり

コントロールすることができるので

勉強や仕事の効率が上がることになります。

 

そして、この前頭前野を活発に働かせるのに最も

効果的なのが「運動」です。

運動といっても激しいトレーニングのようなものではなく、

子どもなら体を動かして楽しく遊ぶことが効果的です。

 

私達こどもプラスが提供している柳澤運動プログラムから

「手足入れ替えの線路グーパーウシガエル」をご紹介します。

 

2本の縄やテープを引いて、線路に見立てたものを作ります。

この線路の上をウシガエルの動きで進んでいきます。

まずは足を大きく開いてしゃがみ、両手をくっつけて

線路の中につき、足は線路の外側にジャンプします。

次は、両手を線路の外側についてから、

足は閉じて線路の中にジャンプします。

 

これを繰り返して、一歩進むごとに手足の位置を

逆にしながら進んでいきます。

 

ウシガエルの動きも、慣れてくると子ども達の中には

速さを競争しだす子がでてきます。

手足を速く動かして進むことも良いのですが、

幼児期に育てたい力は他にもたくさんあるので、

速さよりも素早い切り替えしなどの力を磨くようにすると、

子ども達の巧緻性を育てることにつながります。

 

幼児期には、パワー系よりも巧緻性の部分を育てることが

子どもの体の発達からみても大切な時期になります。

日ごろの遊びの中でも意識して取り入れてみてください。

 

年齢ごとに適した遊びの内容や、具体的な指導方法などは

下記のメールフォームからメルマガ登録していただくと

お届けすることができます。

ぜひ、日ごろの保育にご活用ください。