ヘッダー画像

運動好きな子どもを育てるには運動有能感を高めることが大切です。 脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

運動好きな子どもを育てるためには「運動有能感」を

高めることもとても重要です。

運動有能感とは、

「逆上がりができる」「走るのが速い」など

運動技術について自信を持つ「身体的有能さの認知」。

「がんばればできる」という「統制感」。

運動が得意でも苦手でも、先生や仲間から受け入れられている、

認められているという「受容感」。

という3つの要素で成り立っています。

 

具体的に褒めることや、失敗経験よりも成功体験を増やし

自分に自信を持って運動を楽しめるようにしていくことが

子ども達には必要です。

スポーツ選手を育てるのとは別なので、

子ども達が運動することを好きになれるような指導、

働きかけが大切です。

 

こどもプラスが提供している柳澤運動プログラムの

「クマ歩きから前転」をご紹介します。

子ども達はスタートラインで、四つんばいから膝とお尻を

上げたクマ姿勢になり、ゴール地点にはマットを敷いておきます。


しっかり前を向いてクマ歩きで進み、マットに着いたら
足の間から後ろを見るように促します。

この時、マットに頭をつけることができれば
そのまま前転の動きにつながってきます。
できそうなら自分で前転をしても良いですし、
まだあと少しという場合は、補助で回してあげても良いです。

 

前転がまだうまくできない子も、大人の補助で実際に

動きを経験することで感覚がつかめたり、

成功体験を積むことができてきます。

子どももいろいろなタイプの子がいるので、

1人1人に合わせた声掛けや補助ができるようにしましょう。