ヘッダー画像

子どもの年齢だけでなく発達段階に合わせた運動あそびの提供が必要です。 脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

子ども達の遊びには、象徴遊び、構造遊び、ルール遊びなど

いくつかの種類があり、目安としてこの遊びができるのは

3歳頃からというものがありますが、

それはあくまでも目安です。

 

ルールのある遊びをしたことのない子が

いきなり集団の中に入ってルール遊びができるかというと

そうではないので、年齢だけでなくその子の発達段階に

合わせて、提供する遊びを変えていく必要があります。

 

そうすることで子ども達もより楽しく遊ぶことができ、

効果的に力の発達を促すことができます。

 

こどもプラスで提供している柳澤運動プログラムから

「さつまいもでメダル運び」をご紹介します。

フープをメダルに見立てて、メダルを友達と2人で一緒に

ゴールまで運ぶ遊びです。

 

子ども達は2人ペアになり、向かい合ってうつ伏せになります。

2人の間には直径30cmほどのフープを置き、

両手を伸ばして一緒に持ちます。

 

2人でしっかりフープを握ったら、両足をまっすぐにして、

横にごろごろ一緒に転がっていきます。

2人で一緒にフープをゴールまで運べたら成功です。

 

自分勝手に進んでしまうのではなく、

2人で転がるスピードを合わせることが大事です。

お互いに相手の動きを意識しながら転がれるように促し、

社会性や協調性などを身につけられるようにしていきましょう。