ヘッダー画像

日常の中に運動あそびを取り入れることで無理なく継続することができます。 脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

東信にある児童発達支援施設にて  パート①

ここでは、数年前に市の運動遊び事業の一環として、

運動遊びの取り組みを始めさせていただきました。

 

今回は、その取り組み内容を少しだけご紹介いたします!

掲載写真をよく見ると、子ども達の多様な感覚刺激を

取り入れる要素が含まれております!

 

それは…

奥まで続く様々な素材の道です!

以前、提案させていただいた際には2種類ほどだった道が

本日伺った際には、ビニールシート・人工芝・カーペット・

プラ板と様々な素材で道ができていました。

 

今回は撮影用に真ん中に寄せましたが、
普段は左側の壁に寄せてあります。

左側にはいくつかの部屋があり、そこには子ども達が好きな

ボールプールやトランポリン、遊びのサーキット場、滑り台などがあります。

そこに行くには写真の道を通っていくお約束です。

 

子ども達は無理なく自然と足の裏から様々な刺激を

皮膚を通して感じ、脳を活性化させることができます!

明日は実際に毎日行なってもらっているサーキット場の様子を

ご紹介したいと思います!!

 

画像に含まれている可能性があるもの:室内