ヘッダー画像

運動あそびは全身をバランスよく育て子どもの怪我を減らします。 脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

子どもは本来、高いところから跳び下りる遊びが大好きです。

しかし、今の子ども達は日常的にジャンプ遊びをすることが

とても少なくなっているので、

少し高いところから跳び下りただけでも怪我をしてしまいます。

そのため、大人もジャンプ遊びを止めてしまうことが

多くなり、ますます子ども達の体が育たなくなっています。

 

私達こどもプラスが提供している柳澤運動プログラムでは、

効果的に発達を促し、子ども達が遊び感覚で楽しく

取り組むことができる遊びが豊富に揃っています。

このプログラムで運動あそびを継続してきた子ども達は

全身がバランスよく育ち、日常生活でも怪我をすることが

少なくなっています。 

 

 

今日は、柳澤運動プログラムの中から

「跳び箱からジャンプでタンバリン両手タッチ」

をご紹介します。

 

1段の跳び箱とタンバリンを2つ用意します。

子どもが跳び箱の上に乗ったら、跳び箱の少し前に

タンバリンを2つかざします。

子どもはジャンプして、タンバリンを両手で

タッチしてから両足で着地します。

 

タンバリンの位置を確認してからジャンプすること、

腕を振ってジャンプをすること、

タンバリンをタッチしてから着地すること、

着地は手を付かずに両足ですること

などに気をつけて行なっていきます。

 

着地でふらつく場合は、跳び箱を高くすると

怪我をする可能性が高くなりますので、

1人1人をよく見ることが大切です。

 

また、レベルアップは跳び箱を高くするだけでなく、

タンバリンの位置を跳び箱から遠くしたり、

2つのタンバリンを左右に離すことで調整していきます。

 

この遊びでは、高所感覚や、タンバリンの位置を正確に

把握する空間認知力、ジャンプでの全身のクッションや

連動性などを身につけていくことができます。

着地でしっかりと両足を揃えて行なうことで

足の指先の踏ん張る力や腹筋背筋も養うことができるので、

1つ1つの動きを丁寧にできるように促していきましょう。