ヘッダー画像

脳も筋肉と同じように、使えば使うほど発達します。 脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

私達の体の筋肉は、使えば使うほど発達し強くなりますが、

これは脳も同じです。

脳も、使えば使うほど神経のつながりが強固になり、

物事が上達したり、いろいろな使い方ができるようになります。

 

特に幼児期は脳の発達が著しい時期なので、

特定の能力を高めることよりも、全体的に刺激し、

基礎力をつけ、土台作りをしっかりしておくことが大切です。

 

運動あそびは、この土台作りに最適です。

毎日の生活の中に、少しでも意識して取り入れていくことで

子ども達の基礎力が大きく違ってきます。

 

私達が提供している柳沢運動プログラムの中から、

「横跳びカップタッチ」をご紹介します。

複数の色のカップを2列に間を空けて並べ、
両足をくっつけて跳ぶカンガルージャンプで、
カップをタッチしながら進んでいきます。

 

この遊びでは、斜めジャンプでジグザグに進むのではなく、
真横にジャンプすることができるようにします。
横にジャンプをするためには、腕振りを連動させることが
ポイントになります。

カップにタッチすることばかりに気をとられていると

ジャンプがおろそかになってしまうので、

先に腕振りジャンプを練習しておきましょう。

 

また、慣れてきたらタッチするカップの色を

「トマトの色」や「赤と緑だけ」、「赤→黄色→緑の順に」

などと指定してみると、さらに頭を使いながら

行なうことができるのでおすすめです。

 

 

下記からメルマガ登録して頂くと、

他にも、子ども達の心・体・脳の発達を促す遊びや

効果的な指導方法などの情報を、定期的に

お届けすることができます。