ヘッダー画像

幼児期からの運動あそびがキレない脳を育てます。 脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

今は昔に比べて、キレやすい、イライラしている

疲れやすいといった子ども達が多くなっています。

こうした症状を改善していくには、

運動あそびで楽しく体を動かすことが効果的な方法です。

 

体を動かす遊びで適度な運動量が確保でき、

自律神経のバランスや睡眠のリズムも整い、

食欲が増し、しっかり栄養がとれるようになります。

生活リズムが整うことによって、体も心も安定してきます。

 

また、全身を動かして遊ぶことで脳にも良い刺激を

与えることができるので、キレにくい子どもになります。

幼児期の運動あそびで心身ともに健康な子ども達に

育てていきましょう。

 

 

こどもプラスで提供している柳澤運動プログラムから

「足抜き回り着地でポーズ」をご紹介します。

鉄棒で足抜き回りをし、着地したら好きなポーズを決めます。

 

勢い良く回転すると、着地でフラフラしたり転びやすくなり、
落下したり、脱臼などの怪我をしやすいので、
ゆっくり回転をコントロールしながら、
静かに着地ができるように促します。

 

静かに着地をさせようと言葉で伝えても

なかなか難しいことが多いので、

子ども達が自らそうしたくなるように誘導します。

例えば着地ポイントにフープを置いて、
その中に着地するようにすると、回転の途中で

着地位置を目視で確認する必要があるので、

ゆっくり回転しやすくなります。

 

また、着地の後にポーズを決めるということを、

回転しながらも覚えていて、実行するということも

大事なポイントです。

子ども達が達成感をたくさん味わえるような設定で、

繰り返し遊べるようにしてみてください。

 

 

下記からメルマガ登録をしていただくと、

子どもの発達段階ごとの豊富な運動あそびや

指導ポイントなどの情報を定期的にお届けすることができます。