ヘッダー画像

子どものうちに運動を好きになっておくことが健康な体作りにつながります。 脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

運動は、子どもも大人も健康な体を維持するために

欠かせないものです。

そこで、運動を子どもの時に好きになれるか

嫌いになってしまうかは、一生を左右するほど大事なことです。

 

子どもは本来動くことが大好きです。

幼児期の楽しい運動あそびの経験で、運動することが

好きになれるように私達も促していきたいと思います。

 

こどもプラスが提供する柳澤運動プログラムの中から

鉄棒を使ったぶら下がり遊びをいくつかご紹介します。

 

まずは、自分の力で腕を曲げて鉄棒にぶら下がれたら、

子どものお腹辺りを目がけて、指導者が前から

ボールを投げ、子どもはお腹と太ももでキャッチします。

次は、同じように前からボールを投げるので、

両足でボールをキックします。

 

他にも、スリッパを履いてぶら下がったら

スリッパを真上や後方に向かって飛ばしたり、

ぶら下がった足に向かって前からフープを投げて、

輪投げのように足にはめていく遊びもあります。

 

輪投げでは、長くぶら下がっていられることが

大事なので、競争にしてみると子ども達は本気になって

限界までがんばってぶら下がってくれます。

限界まで力を出すことで、力の発達がより促されます。

 

競争遊びは、他にも子ども達の心や脳を育てる要素が

たくさん詰まっていますので、年齢に応じた遊び方で

積極的に取り入れてみてください。