ヘッダー画像

運動あそびで運動を好きになることが、結果技術の習得につながっていきます。 脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

幼児期の子ども達に運動指導をする時、

私達が大切にしていることは、

技術の習得を目的にするのではなく、体を動かすことが好きな

子ども達にしていくということです。

 

そうすると、最初は運動が苦手だった子も

体を動かすことが楽しくなれば、自分からすすんで

体を動かすようになるので、結果として技術の習得にも

つながってくるのです。

そのために、子ども達の興味を引き付けるような

楽しい運動あそびが何よりも効果的です。

 

私達こどもプラスが提供している、柳澤運動プログラムの

運動あそびの中から「つなわたりの途中で積み木拾い」

をご紹介していきます。

 

床には大縄などの縄を、少しクネクネさせて置きます。

その縄の周りには、複数の積み木をばら撒いておきます。

子どもは裸足になって、綱の上をつなわたりのように

縄から落ちないように歩きながら、

途中で指定された積み木を拾っていきます。

 

積み木の指定は、色、数、形などで指定し、

記憶力や判断力を刺激していきましょう。

 

縄の上を歩くのは、バランスをとるのが難しいので、

落ちないようにゆっくり進むように促しましょう。

縄から落ちないことを意識つけるためには、

「縄から落ちると、下は川だからワニさんが

おそってくるかもしれないよ!」などと

声掛けしておくこともおすすめです。

 

縄の上でバランスをとりながら、積み木を拾うために

立ったりしゃがんだりを繰り返すので、

足の指先の力や下半身の筋力なども育ち、

2つのことを同時に進行する力も身に付きます。

 

子ども達の様子に合わせて、ルール設定や遊び方の

アレンジをして、楽しく効果的に遊んでみてください。