ヘッダー画像

大人の意識次第で子どもの体は大きく変わります。 脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

最近の子ども達は、保育園や幼稚園でお散歩に行こうとすると、

「疲れるからやだ」と言う子が多くなっています。

日常生活の中で歩くことが激減していて、

遊びでも家の中でゲームなどで遊んでいることが

多いので、少し歩いただけで疲れてしまうのです。

 

こうした子ども達に、継続的に運動あそびをしてもらうと、

歩くことが苦痛ではなくなり、

自発的に動くようになってきます。

子ども自身が考えて生活を変えることはできないので、

大人の意識改革がとても重要だということです。

 

 

こどもプラスが提供している柳澤運動プログラムの中から

「フープまたぎくぐり」をご紹介します。

フラフープを椅子にかけて、高さのある障害物を作ります。

ここを1往復します。

 

まずはフープに当たらないように、またいで中に入り、
フープから出る時も、当たらないようにまたいで出ます。
帰りはフープの中にまたいで入ったら、
出る時はうつ伏せになって地面を這うように歩く

ワニ歩きで出るようにします。

 

フープに体が当たってしまう子は、フープの代わりに

まっすぐの棒で行なってみてください。

フープの方が丸い形なので難易度が高くなります。

 

この遊びでは身体周辺感覚やバランス感覚が育つので、
普段から転びにくくなります。
慣れてきたらアレンジを加えながら、

より楽しい遊びを作っていき、子どもの自主性を高めていきましょう。