ヘッダー画像

日常的な運動あそびで姿勢の改善につながります。 脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

子ども達が椅子に座っている姿勢を見て、

背中が曲がっていたり、足がだらーんと開いてしまっている、

頬杖をついていないと座っていられない、

このような姿が気になったことはありませんか。

 

今は、生活に必要な基礎筋力さえ身についていない

子ども達がとても多くなっています。

姿勢良く座っていられないのは、腹筋や背筋といった

体幹の筋力、足の内股の筋力が不足しているためです。

 

子ども達に筋トレをさせてはいけないので、

日常の遊びから基礎筋力を身につけていけるように

促していきましょう。

 

 

こどもプラスが提供する柳澤運動プログラムから

「平均台カニさん歩き」をご紹介します。

平均台を2本横にくっつけて並べます。

その上に乗って、横向きのカニさん歩きで歩いていきます。

両手は顔の横に上げてチョキにし、

カニのはさみのようにして、最後まで維持しましょう。

 

狭い足場を歩くことで足元に全意識を集中させて

しまいがちですが、その状態で手をチョキにし続けることで、

2つのことを同時に行なう力が養われます。

 

 

横歩きでは足の内股の筋肉が刺激され、

平均台の上でバランスを取ることで腹筋背筋が刺激されます。

また、待っている子達は体操座りになって

膝の間に鈴などを挟み、落とさないようにすることでも

 

さらに足の内股の筋肉を育てることができます。

 

いつも体がフラフラしている子や、姿勢の悪い子に

おすすめの遊びなので、ぜひ日常的に取り入れてみてください。