ヘッダー画像

脳の神経細胞のつながりを強固にする為には運動が効果的です。 脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・うんどう能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

生まれた時は自分で何もできなかった赤ちゃんが、

おしゃべりをしたり立って歩けるようになるのは、

外界から入ってくる情報が刺激となって、

脳の神経細胞のつながりができるからです。

 

この神経細胞のつながりを効果的に作るには

「運動」が一番良い方法です。

運動は、情報のインプットだけでなく同時にアウトプットも

できるので、神経細胞同士のつながりがより強固になるのです。

 

幼児期から運動することで、この神経細胞のネットワークを

増やし、頑丈なものにすることができるので、

その先の勉強にも役立ってきます。

 

幼児期の運動は、子ども達が自主的に取り組めることが

ポイントになるので、遊びの要素を盛り込むことが必要です。

 

 

こどもプラスで提供している柳澤運動プログラムから

「跳び箱フープ内ジャンプ」をご紹介します。

跳び箱の上から、下に置いたフープの中に着地する遊びです。

ジャンプする時も着地でも両足を揃えたまま行い、

腕振りを連動させることも意識します。

腕振りとジャンプが連動できるようになると、

短縄跳びの上達にもつながります。

 

高く大きなジャンプをすると危ないので、

フープの位置は跳び箱からあまり離さないようにします。

また、難易度を上げる時も跳び箱を高くしたり

跳び箱からフープを遠ざけるのではなく、

左右にずらしたり、フープを2~3つなげておき、

着地の後にカンガルージャンプでフープを進むようにしたり

することで難易度を上げて遊ぶようにします。

 

両足を揃えてジャンプ、着地をすることが

足の指先の踏ん張る力や腹筋背筋などの体幹の力を育てるので、

ポイントをおさえた動きができるように

最初にしっかりと伝え、上手な見本、下手な見本も

わかりやすく見せておくことが大切です。

 

また、高さに慣れない子は無理に跳ばせてはいけません。

低い場所から跳び下りるように工夫をしたり、

手をつなぐ補助をしたりすることで、

少しずつ高さに慣れていけるように促しましょう。