ヘッダー画像

脳の司令塔である前頭前野を活性化させるには「運動」が効果的です。 脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

人間の持っている知能には、

「言語」「身体・運動感覚」「対人的」「論理・数学的」

「博物学的」「視覚・空間的」「音楽・リズム」「内省的」

という8つの種類があります。

 

そして、脳の中でそれを担っている部位は違いますが、

全てを統括して指令を出しているのが「前頭前野」です。

この前頭前野を鍛えるためには、運動が効果的とされています。

 

子どもにとっての運動は、トレーニングのようなものではなく

「遊び」の一環であることが一番のポイントです。

 

 

こどもプラスが提供している柳澤運動プログラムから

「ウシガエルのフープ渡り」をご紹介します。

フープを5つくらい並べてコースを作ります。

 

「ウシガエル」は、足を開いてしゃがみ、

両手はパーにして真ん中についた姿勢です。

この姿勢から、手→足→手→足の順番に前に出して進みます。

このウシガエルで、フープの中だけに手足をついて

フープに当たらないように進んでいきます。

 

慌てると手足同時にジャンプをしてしまうので、

手を出してから足を出すように意識しながら、

ゆっくりで良いので正確に進むことを大事にします。

 

手をフープの端についてしまうと

足を入れる場所がなくなってしまうので、

手をつく時にはフープの真ん中につくようにします。

そして、足はできるだけ手の真横か手よりも前に

つけるように意識して動きます。

 

このように、常に考えながら自分の体を動かすことを

子どものうちにたくさん経験しておくことが大切です。

慣れてきたらコースをアレンジしたりしながら、

さらに巧緻性を高めるように工夫していきましょう。