ヘッダー画像

毎日の動作に運動あそびを組み込むことで無理なく続けることができ、将来大きな差になります。 脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

運動あそびはで大事なポイントは、

子ども達が自主的に楽しく行なえることと、

毎日少しの時間で良いので継続して行なうことです。

忙しい毎日の中に運動あそびの時間を必ず入れるとなると

どうしても難しくなります。

 

無理なく取り入れるには、日常の中の動作に関連付けて

やるようにすると、続けていくことができます。

例えば、教室からリズム室までの移動をクマさん歩きで行ったり、

足音を立てない忍者つま先歩きで行ったり、

帰りの時間、お迎えが来た人から先生の手にジャンプして

タッチする遊びを5回やってから帰るようにするというだけでも、

毎日続ければ1年や2年経った時には大きな差になります。

 

ぜひ毎日のルーティーンの中にうまく取り入れて、

無理なく継続していけるように工夫してみてください。

 

こどもプラスで提供している柳澤運動プログラムから

「タッチタッチゲーム」をご紹介します。

まずは指導者と子ども1対1で見本を見せます。

指導者は子どもの目線に合わせて低くなります。

指導者がパーを出したら、その手にタッチします。

グーを出したら、タッチしてはいけません。

 

右手と左手を交互に出したりランダムに出したり、

出す位置を上や下にしたり、

出すスピードを変化させながらレベルアップして遊んでいきます。

 

パーはタッチ、グーはタッチしない、という単純なルールですが、

記憶力、認識力、判断力、抑制力などを育てることができます。

 

見本を見せる時には、普段大人しい子や目立たないタイプの子に

前に出てやってもらい、終わったらみんなの前でたくさん

褒めてあげることで自信をつけられるようにします。

 

見本の後は、友達同士でペアを作って行ないます。

ペアを作る時にも子ども達の社会性やコミュニケーション力を

養えるチャンスです。

トラブルが起きやすい場面ですが、できるだけ見守り、

子ども同士で解決していけるように導きましょう。