ヘッダー画像

小学校の体力テストにあるソフトボール投げは今の子ども達が苦手としている項目の1つです。 脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

毎年小学校で実施されている体力テストの中にある

「ソフトボール投げ」は、今の子ども達が苦手としている

項目の1つで、記録が低下しています。

それは単に腕の力が弱いということだけではなく、

体の動きを調整する能力やタイミング力などの不足で、

自分の体を使いこなせていないということになります。

 

なぜ自分の体を使いこなせないかといえば、

やはり日常の遊びの変化や生活環境の変化による

運動不足が大きな要因です。

 

子ども達の身体能力を育てるためには

体を動かす遊びが欠かせません。

外で走り回ったりボール遊びをすることは

今の時代には難しいのが現状ですが、

子ども達が全身を使って動くことができる機会を

大人側ができるだけたくさん作っていくことも必要です。

 

 

こどもプラスが提供する運動あそびは、

現代の子ども達に不足している力を補い、

健全な心と体を育てていくことができます。

 

柳澤運動プログラムの中から「折り紙飛ばし競争」

をご紹介します。

まず、折り紙でカエルなどの動物を作っておきます。

それを1人1つずつ持ち、スタートラインに置きます。

手には細長くしたタオルを持ち、

タオルを振り上げて床に叩きつけて風を送り、

折り紙を前に進めていきます。

一番速く折り紙がゴールラインに入った人が勝ちです。

 

この遊びでは、脇を開いて腕を振り上げることで

ボール投げの練習をすることができます。

ボール投げの動作は実際に経験しなければ

できるようにならないので、

小さい頃から遊びの中に動きを取り入れていくことが

とても大事になります。

最初からボールを投げることは難しいので、

いろいろな遊びで段階を追って習得していけるように促しましょう。