ヘッダー画像

運動によって得た自信はその後の全ての活動への意欲につながります。 脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

縄跳びや跳び箱、鉄棒などは子ども達がある程度の年齢になれば

必ずといっていいほど取り組むことになります。

その時に、周りの友達よりも早くできるようになった、

周りから上手だと褒められた、という経験は

子どもにとって大きな自信になります。

 

自信がある子は、その後もいろいろなことに対しての

やる気が目に見えて違ってきます。

新しいことや難しそうなことにも挑戦していける気持ちがあるので、

運動能力も学力も向上します。

子ども達が持っている能力を最大限に引き出せるように、

日々の活動をしていくことが大切です。

 

 

こどもプラスで提供している柳澤運動プログラムから

「足きりごっこ」をご紹介します。

子ども達を3人ずつのグループに分けます。

床には2本の線を25センチ幅くらいで引き、

3人はその線の中に垂直の向きで入ります。

そして、その線の中から出ないことを約束します。

 

2人の指導者が縄の端をそれぞれ持ち、

子どもの前から足元をすくうように動かすので、

縄にひっかからないようにジャンプして避けます。

着地の時も、線からはみ出ないように気をつけます。

 

縄をヘビに見立てて、迫ってくるヘビに足を噛まれないように

ジャンプして避けるという設定が

盛り上がるのでおすすめです。

ただ、興奮してふざけだすと危ないので、

最初にしっかり約束事を決めておくことが必要です。

 

縄の動きにタイミングを合わせてジャンプをする判断力、

縄が動くスピードや距離を計算して、

引っ掛からないようにジャンプをする空間認知能力、

縄の動きに集中する集中力、

楽しくてはしゃぎたい気持ちを抑える抑制力など

日常生活でも必要な様々な力の発達を促すことができます。

 

慣れてきたら、縄が前からも後ろからもくるようにすると

さらに動きを素早く切り替える力が育ちます。

また、3人ずつの列を縦に並べて人数を増やすと

さらに難易度を上げて楽しく遊ぶことができておすすめです。