ヘッダー画像

慢性的に運動不足の子ども達にはバリエーション豊かな運動あそびが効果的です。 脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

今の子ども達に多く見られる姿として

・まっすぐ走れない

・スキップができない

・片足立ちができない

・しゃがめない

・バンザイができない

などが挙げられます。

 

昔に比べて、子ども達が生活の中で体を動かすことが

減ったことが大きな要因として考えられます。

つまり、自然にままに任せておけば

子ども達の体や心が育つような時代ではなくなっているので、

大人側からの働きかけがとても大切になります。

 

子ども達の心・体・脳の発達を促すために

こどもプラスでは幼児期の子ども達に最適な

運動あそびを提供しています。

その運動プログラムの中から「集合ゲーム」をご紹介します。

 

まず、少し離れた場所にマットなどを置いて、

集合場所をいくつか用意しておきます。

そして、集合する場所の指示を出すので、

子ども達はそれを聞いて素早くその場所に移動します。

 

集合する場所は「ピーマンの色」や「右から2番目のマット」

などいろいろな言い方で指示をします。

子ども達の年齢や理解度などに合わせて

指示の出し方を変えながら遊びます。

 

指示に合わせて動くことで、

社会性、語意力、判断力、記憶力などが養われ、

素早く動くことで足の指先の力や瞬発力も育ちます。

 

できるだけ素早く判断して動くことができるように

指導者が後ろから追いかけると盛り上がります。

ただ、興奮して転んだりすることがあるので

子ども達の様子に合わせて行ないましょう。

 

慣れてきたら、移動する時にクマ歩きやカンガルーなどの

動物の動きで移動してみても楽しめます。

子ども達に案を出してもらいながらアレンジしていくのも、

自主性を高めることができておすすめです。