ヘッダー画像

子どもへの運動提供はただの筋トレにならないような工夫が必要です。 脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

幼児期の子ども達に運動を提供する時には、

必ず「遊び」の要素を取り入れて、

ただの筋トレの時間にならないように

工夫をすることが大切になります。

 

大人でも子どもでも、その活動が楽しくなければ

継続していくことができず、

目標に向かってがんばることも難しいので、

どんなに良い運動でも効果の薄いものになってしまいます。

 

子ども達が自主的に取り組めるような設定やルール、

声掛け、大人も一緒に楽しむことなどを心がけていきましょう。

 

 

こどもプラスが提供している柳澤運動プログラムから、

「平均台障害物」をご紹介します。

平均台の上にカップなどの障害物を複数置き、
それに当たらないようにまたぎながら歩いていきます。

 

平均台から落ちないように両手を広げてバランスを取り、

目線を上げて背すじを伸ばし、つま先歩きで行ないます。

障害物の数は3~4個から始めて少しずつ増やし、
間隔を狭めることでも難易度調整をしていきます。

 

慣れてくると子ども達は速く進みたがりますが、

スピードが上がると落下しやすくなったり、

障害物をまたいで歩く動作がおろそかになってしまうので、

指導者は魔法の杖”(丸めた新聞紙など)を持って
子どもの頭の上をなでるように動かし、
杖に当たらないように避けながら進むようにします。

こうするとドキドキ感も楽しめ、

「ゆっくり歩こうね」と言葉で伝えるよりも効果的です。

 

平均台から落ちないように全身をうまく使って
バランスをとることで、つま先の踏ん張り力や腹筋背筋、
膝の曲げ伸ばしなどが上達します。
これは、日常生活での怪我予防にもつながる力なので、

子どもによって難易度調整をしながら

繰り返し行なっていくことが大切です。