ヘッダー画像

3歳頃にはがんばるポイントを明確化して伝える工夫が大切です。 脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

子ども達に運動あそびを提供する時には、

その日がんばってもらいたいポイントを明確にして伝え、

最初に良い見本と悪い見本の両方を見せることが大事です。

 

がんばるポイント、意識するポイントがわかりにくいと

子ども達は自分のやりたいようにやり出し、

大人が予期していなかったような事態が起き、

怪我やトラブルにつながりやすくなってしまいます。

 

3歳頃になると、ある程度意識して目標に向かって

がんばるということができるようになるので、

その日の大事なポイントをわかりやすく伝えてから始め、

しっかりできたら褒めてあげてください。

 

 

こどもプラスで提供している柳澤運動プログラムから

「アヒルの柵越え」をご紹介します。

足を股関節から開いてしゃがみ、アヒルの姿勢になります。

そして、縄などの低い高さの障害物をまたいで進んでいきます。

お尻をしっかり落として中腰にならないようにし、

かかとを上げてつま先歩きで歩くようにします。

 

このアヒル歩きは、バランス力や身体コントロール力が

強く養われる遊びです。

障害物をまたぎながら歩くことでさらに力の発達を促したり、

物との距離を測る空間認知力なども育ちます。

慣れてきたらゴム紐などを使って、

少し高さのある障害物にも挑戦してみましょう。

 

最近は股関節がかたくて開けない子も多くなっています。

日ごろからこうした遊びを取り入れて、

股関節周りや足首の柔軟性も高め、

怪我をしない体を作っていきましょう。