ヘッダー画像

今の子どもの姿を観察すれば取り入れるべきものが見えてきます。 脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

子ども達にどんな運動あそびを提供したら良いかを

考える時には、その子ども達の姿をよく観察することが大切です。

そうすることで、どんなことに興味があって

どんなことがやりたいのか。

または、どんなことができて、どんなことができないのか。

ということが見えてくるので、

必然的に取り入れるべきものが見えてきます。

 

子どもに合ったものを提供し、効果的に能力アップを

目指していきましょう。

 

 

こどもプラスで提供している柳澤運動プログラムから

「サルの玉乗り」をご紹介します。

まず、鉄棒につかまり、脇を締めて腕を曲げた状態で

「サルのぶら下がり」をします。

そして、鉄棒の下に置いてあるボールに乗ります。

5秒くらい乗れたらOKです。

 

この時、全体重をボールに乗せてしまうのではなく、

腕に力を入れて体重をコントロールすることが

上手に玉乗りをするポイントです。

さらに、足の先と膝をうまく使って

ボールの位置を調整しながら行ないます。

ぶら下がった状態で足先を動かす時には

腹筋が強く刺激されて育ちます。

まだ腹筋が弱い子はボールのコントロールが難しいので、

補助をしながら挑戦していきます。

 

この「サルのぶら下がり」は、逆上がりに必要な力を

つけていくのにとても効果のある遊びです。

いろいろなやり方で遊んでいくことで、

腕の引き付ける力(懸垂力)、腹筋、足を蹴り上げる力、

回転感覚などを着実に育てていくことができ、

逆上がり達成につながっていきます。