ヘッダー画像

幼児期にはやらされている運動ではなく遊びながら楽しく体を動かすことが必要です。 脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

子ども達の体力や運動能力の低下が叫ばれていますが、

子どもの運動能力を高めるためには、

ただ運動をさせれば良いということではありません。

 

体力をつけようと走りこみをしたり、

定番の跳び箱や鉄棒、縄跳びなども

ただそればかりを繰り返していても何の楽しさもなく、

子どもにとってはただやらされているだけの運動で、

あまり効果のないものになってしまいます。

 

幼児期の子ども達は、特定の動きを繰り返すのではなく

多種多様な動きを経験することが最も必要です。

そして、そのために効果的なのが「遊び」です。

遊びの中から、生きるための力をたくさん吸収していけるように

大人側から促してあげることも大切になります。

 

 

こどもプラスで提供している柳澤運動プログラムから

「じゃがいも迷路」をご紹介します。

複数のマットを縦、横、斜めにくっつけて並べ、コースを作ります。

子どもはマットの上で仰向けになり、

両膝を両手で抱え込むようにして丸くなったら、
そのまま横向きにマットの上を転がっていきます。


マットから落ちないようにコースを確認し、

回転しながら体の向きを調整できるように練習します。
マットが直線ではなくジグザグになっていることで、
より細かな動きの調整が必要になります。

 

動きがわかりにくい場合は見本を見せたり補助も行ないながら、

じゃがいものようにスムーズに転がれるように

繰り返し遊んでいきましょう。