ヘッダー画像

ポイントを押さえた褒め方で、子どもの自信や自己肯定感を養っていきましょう。 脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

子どもの自信や自己肯定感を育むためには、

たくさん褒めることが大切になりますが、

褒め方にもいくつかポイントがあります。

 

褒めるポイントを見つけたら、時間をおかずに即座に褒めること、

抽象的な言葉ではなく具体的に褒めること、

結果だけでなくがんばった姿勢や過程も褒めること、

こんなことを意識していくと

子ども達の心と体の健全な発達を促すことができます。

 

私達も子ども達に運動あそびを提供する時は、

子どもをたくさん褒めることで良いところを伸ばし、

どんどん次に挑戦していけるように指導しています。

 

こどもプラスで提供している柳澤運動プログラムから

「うつ伏せレスキュー隊」をご紹介します。

まず、1本の縄を床にまっすぐに置いておきます。

子どもはうつ伏せになって縄を両手で握り、

手に力を入れて体を引き寄せるようにして前に進みます。

 

手の力だけで進めない場合は足で地面を蹴りながら

進んでも構いません。

慣れてきたら足は後ろに伸ばしておいて、

手の力だけでできるだけ速く縄の端まで到達できるように

繰り返し行なうようにします。

また、慣れてきたら仰向けでのレスキュー隊にも挑戦し、

より強い腕の引き付ける力や腹筋背筋を養っていきましょう。

 

レスキュー隊なので、ゴール地点にぬいぐるみなどを置いて、

助けてあげるという設定でも楽しめます。

子ども達に合った設定やルールで、

繰り返し楽しく取り組めるようにしてみてください。