ヘッダー画像

段階を追ったジャンプ遊びで全身の連動性を高めたジャンプを身につけます。 脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

子どもの跳躍力を育てていく上で、上半身と下半身を連動させたジャンプを

目指していくことが大切です。

小さい頃から段階を追った動きを経験していくことで、

効率的に、無理なく力をつけていくことができます。

 

2歳頃になったら積極的にジャンプ遊びを取り入れていきましょう。

まずは、前に跳ぶジャンプや、少し高さのあるところからの

跳び下りのジャンプを行なっていきます。

3歳頃になったら、前後に跳ぶ動きで遊んだり、

少し高さのある障害物を跳び越えてみます。

また、足音のしないジャンプができるように意識させ、

やわらかい安定したジャンプを目指します。

その次は、ジグザグにジャンプをしてみます。

4歳頃になったら、同じ場所で連続して跳び続けられるように

遊びの中に工夫をしていきましょう。

 

 

こどもプラスが提供している柳澤運動プログラムから

「前後カンガルー」をご紹介します。

縄やゴム紐などで、少し高さのある障害物を設置します。

その前に立ち、指導者の「前・後ろ」の掛け声に合わせて

縄に当たらないようにジャンプをします。

 

縄を跳び越す時に足がバラバラにならないように、

両足をしっかりくっつけて跳ぶようにします。

また、腕を振ってリズムよく連続ジャンプができるようにしましょう。

 

前に跳ぶのは簡単ですが、後ろに跳ぶのは難しいかもしれません。

足の指先に力を入れて後ろに跳び、

着地でしっかり踏ん張る力が必要です。

しかもまた次のジャンプに備えて準備をしなければ

いけないので、下半身や体幹の力、身体コントロール力などが

身に付いてきます。

 

慣れてきたら「前・後ろ」だけでなく「前・前・後ろ」など

ランダムにして難易度を上げて遊ぶことで、

さらに聞く力や判断力も育てることができます。

子ども達の段階に合わせた楽しい遊びを提供し、

基礎力をしっかりと養っていきましょう。