ヘッダー画像

運動あそびはシンプルな動きにアレンジをすることで様々な力の発達を促します。 脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

私達が提供している柳沢運動プログラムは、

クマ、カンガルー、サルなどの動物に変身して

運動あそびをすることで、

子ども達の基礎的な力を養っています。

動き自体はシンプルなので、ただ繰り返しているだけでは

子ども達はすぐに飽きてしまいます。

 

例えばクマ歩きは、四つんばいから膝とお尻を上げた姿勢で

歩く動きです。

これだけだとすぐに飽きてしまい、

動きが雑になったり速く歩いて一番になることで

楽しさを見出そうとし始めます。

そうなると力がしっかり身につかないだけでなく、

友達や壁にぶつかったり、転んで怪我をするリスクが高まります。

 

そこで、速く進むこと以外の楽しさを提供する必要があります。

例えばゴムボールを半分に切った物の上を

クマ歩きで歩いていきます。

足場がボコボコして不安定なのでドキドキハラハラが楽しめます。

また、ボールの色を複数用意して、乗っても良い色や

乗ってはいけない色を指定すると、

判断力や記憶力など頭を使って遊ぶことができ、

身体コントロール力やバランス力も養うことができます。

ボールを1列で並べたり2列で並べたりすることでも

難易度調節ができます。

 

このように、基本の動きがシンプルなことで

アレンジは自由自在にすることが可能です。

子ども達の姿を見ながら、より良い運動あそびの提供ができるように

工夫をしながら、大人も一緒になって楽しんでみてください。